文字

瀬戸内市が段ボール製ベッド発送 豪雨被害の高梁市へ50セット

段ボール製簡易ベッドを荷台に積み込む瀬戸内市の職員

 瀬戸内市は12日、西日本豪雨で被害を受けた高梁市に向け、段ボール製簡易ベッド50セットを発送した。

 ベッドは組み立て式で縦約2メートル、横約0・9メートル、高さ約0・35メートル。職員6人が同日早朝、トラック3台に資材を積み込んで出発した。

 家屋浸水など大きな被害に見舞われた高梁市は今も100人以上が避難生活を余儀なくされ、断水なども続いている。避難所の同市文化交流館(同市原田北町)に届け、瀬戸内市職員らの助言で組み立てた。
カテゴリ:

【政治行政】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.