文字

こんな時に…という怒りより、ま…

 こんな時に…という怒りより、またか、という言葉が浮かぶのが悲しい。人の苦難に付け込む卑劣な行為である。西日本豪雨で被災した高梁市内の無人のコンビニエンスストアから現金を盗もうとしたとして3人が逮捕された▼東日本大震災の直後も「絆」が叫ばれた一方で、被災家屋を狙う窃盗犯が急増した。今回の被災地でも、家の様子が気になりつつも帰れずにいる人は多かろう。警察も犯罪防止に目を光らせている。一層警戒を強めてもらいたい▼むろん、そんな一部の悪意をはるかにしのぐのが人々の善意である。食料や衣類などの被災地への提供が相次いでいる。真備町地区が甚大な被害を受けた倉敷市は現時点で十分な量を確保できたとして、受け入れの一時休止を決めた▼同市へは自治体や企業から続々と物資が寄せられた。そのため今回は個人からの支援の行き場はないが、物が足りないことを思えば何よりだ▼政府は今回、「プッシュ型支援」を進める。被災地の要請を待たず、迅速に物資を送り込む。2年前の熊本地震から始まった方式である▼暑さは厳しく、被災者の体調が気掛かりだ。避難所のエアコンや仮設トイレ、段ボール製の簡易ベッドやプライバシーを守る間仕切りなど必要な物は多かろう。ニーズをくみ上げ、心身の健康を守る手だてを早く、確実に届けたい。
My記事保存

【滴一滴】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.