文字

豪雨被災者支援の義援金相次ぐ 企業から山陽新聞社会事業団へ

義援金を手渡すフジワラテクノアートの藤原社長

義援金を手渡すナイカイ塩業の野崎社長(左)とナイカイアーキットの久山社長

義援金を手渡す倉敷国際ホテルの鳥生代表取締役(中央)

 岡山豪雨の被災者支援に役立ててもらおうと、山陽新聞社会事業団(岡山市北区柳町、松田正己理事長)に11日も企業から義援金が寄せられた。

 フジワラテクノアート(岡山市北区富吉、藤原恵子社長)は500万円、ナイカイ塩業(倉敷市児島味野、野崎泰彦社長)とナイカイアーキット(同市児島駅前、久山方士社長)がナイカイグループとして300万円、倉敷国際ホテル(同市中央、鳥生雅夫代表取締役)は100万円を寄託した。

 藤原社長は「地元での被災の現状に言葉もない。皆さんの力になりたいと願っている」、野崎社長と久山社長は「大変な被害になった。被災した地域の皆さんのために使っていただきたい」、鳥生代表取締役は「少しでも地域の力添えになれば。できる支援をしていきたい」と話した。

 松田理事長は「大事にお預かりします」と述べた。
カテゴリ:

【地方経済】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.