文字

ストライプ社長が1億円寄付発表 豪雨避難者に衣服1万点提供

 アパレルメーカーのストライプインターナショナル(岡山市北区幸町)は10日、西日本豪雨の被災者に対し、石川康晴社長が個人として1億円を寄付すると発表した。

 また、同社は、倉敷市を通じて避難者にポロシャツ、Tシャツ、ズボン、子ども服など計約1万点を提供した。全国約千店舗に募金箱を設置。岡山、広島県内の全店舗では復興支援セールを開催しており、全品を定価の70~50%引きで販売している。
カテゴリ:

【西日本豪雨】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.