文字

WEEKランキング 1~7日 岡山県を襲った豪雨被害

屋根近くまで冠水した倉敷市真備町地区の住宅=7日午後

土砂崩れで全壊した津山市内の民家=7日午前

総社市下原で工場が爆発。冠水の影響とみられ、民家や車庫など3棟に延焼した=7日午前0時19分

 先週(7月1~7日)のさんデジアクセスランキングでは、活発な梅雨前線が及ぼした岡山県内の豪雨被害を伝えるニュースが上位に並びました。集計期間後も死傷者数や家屋被害件数などのさらなる拡大が確認されています。被災した方々に心からお見舞いを申し上げます。

 県内では初めて大雨特別警報が6日に発令され、翌7日以降も河川氾濫や土砂崩れなどが相次いで発生。中でも広範囲が浸水した倉敷市真備町地区の被害が甚大で、被害の実態把握ができない状況が続きました。このほかにも県内各地で大勢が避難所生活を余儀なくされていたり、道路寸断や交通機関の乱れなども起きています。

 この時期の県内関係の豪雨災害では、備前市などに浸水被害が出た1974年、岡山市を中心に千数百戸に及ぶ床上・床下浸水があった94年の「七夕豪雨」をはじめ、昨年も7月5日に笠岡市など県西部を中心に被害が発生しました。台風の影響で梅雨前線が活発化するケースも目立ち、その猛威は、織姫と彦星の七夕のイメージとは大きく異なります。

 9日午前、岡山県を含む中国地方や近畿、東海、北陸地方などの梅雨明けが発表されました。しかし、台風シーズンはこれから本格化する上、予測が難しいゲリラ豪雨も近年増加傾向です。今回の被害も教訓に、家庭、地域、自治体はそれぞれ何をすべきなのか改めてチェックする必要がありそうです。

 ◇

 アクセス上位記事は下記の通り。

1 中学生5人の車が事故、少女死亡 岡山の国道、無免許の可能性
  →記事

2 総社で工場爆発か 民家に延焼、けが人複数のもよう
  →記事

3 大雨の県内で土砂崩れや橋流失 各地で家屋浸水、交通機関乱れる
  →記事

4 岡山県豪雨被害が拡大、3人死亡 9河川決壊、倉敷で家屋多数水没
  →記事

5 倉敷、早島でも土砂崩れや浸水 記録的大雨で市民生活に影響
  →記事

6 大雨で岡山市などに避難勧告 美作市などは「避難準備」
  →記事

7 大雨 岡山県内でも被害相次ぐ 北部で家屋破損、交通に乱れも
  →記事

8 岡山の旭川や砂川で決壊 南古都などで床上浸水
  →記事

9 山陽道と岡山道で通行止め 大雨の影響
  →記事

10 岡山駅にも「キティ新幹線」来た JR西が運行、乗客ら記念撮影
  →記事

(事件事故の記事は掲載期間の都合でリンク切れになることもあります)
My記事保存
カテゴリ:

【WEEKランキング】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.