文字

工場土砂崩れで生き埋め2人死亡 笠岡・ヒルタ工業で夜勤作業中

 岡山県や各消防によると7日午前4時半ごろ、笠岡市茂平、自動車部品メーカー「ヒルタ工業」の本社工場に土砂が流入し、作業員6人が生き埋めになった。笠岡地区消防組合などが救助に当たったが、57歳と43歳の男性従業員の死亡が確認された。

 工場は24時間操業で、当時は夜勤の従業員60人が駆動系部品などを製造しており、6人は1グループで作業していた。7日未明に土砂や倒木が流れ込み、機械設備が押し倒されて板金部品や備品が地面に散乱した。

 妹尾さんは入社以来、本社工場一筋。昼田真三会長(66)は「高卒で私が採用した人。早く見つかってほしい」と無事を信じて待ったものの、夕方に心肺停止の状態で見つかった。命に別状がなかった4人とともに、妹尾さんに先駆けて見つかった柚木さんについては「まじめで信頼できる人物だった」と言葉を詰まらせた。

 井原市西江原町でも6日夜、民家に土砂が流入して住人の40代女性の行方が分からなくなった。消防、自衛隊などが重機を使って捜索。7日夕、女性の遺体が見つかり、井原署が身元を確認している。近くの会社役員男性(50)は「雷のようなごう音が聞こえた。こんなことは初めてで本当に恐ろしい」と話した。
カテゴリ:

【西日本豪雨】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.