文字

菅井王位、初防衛への戦い始まる 7番勝負第1局、豊島八段と対局

王位戦第1局初日、昼食休憩の後に着手する菅井王位(右)と豊島八段=4日午後1時31分、愛知県豊田市

 将棋の八大タイトル戦の一つ「第59期王位戦」7番勝負第1局が4日、愛知県豊田市のホテルで始まった。初防衛を目指す菅井竜也王位(26)=岡山市=と挑戦者の豊島将之八段(28)との対局は、中盤の勝負どころで2人とも長考を見せ、菅井王位が35手目を封じ手にした。

 先手の菅井王位が得意の中飛車、豊島八段は居飛車に構え、序盤は穏やかに駒組みが進んだ。午後になって菅井王位が中央の5筋から仕掛けると、豊島八段は2時間13分の“大長考”。選択肢の多い局面で、菅井王位も1時間36分の長考で返し、そのまま初日を終えた。

 立会人の谷川浩司・前日本将棋連盟会長は「現段階で優劣はついていない。菅井王位が先手番を生かして積極的に指しており、2日目は再開後、すぐに激しい戦いになる可能性もある」と話した。

 5日は午前9時に対局を再開し、夜までに決着がつく見通し。

 菅井王位は昨年、岡山県出身棋士として故大山康晴15世名人(倉敷市出身)以来、27年ぶりにタイトル戦に登場。羽生善治二冠を4勝1敗で破り、平成生まれの棋士として初のタイトルホルダーとなった。
カテゴリ:

【菅井竜也七段】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.