文字

加計理事長、一連の問題で初会見 首相と面会「記憶、記録ない」

記者会見する加計孝太郎理事長=岡山市の加計学園本部

 学校法人「加計学園」が愛媛県今治市に新設した獣医学部を巡り、加計孝太郎理事長は19日、岡山市の学園本部で記者会見し、学園側の報告に基づいて愛媛県文書に記載された安倍晋三首相と自らの2015年2月の面会について「記憶にもないし、記録にもなかった」と述べ、否定した。愛媛県などに対する虚偽の報告については自らの指示ではなく、当時の担当者の判断で行われたとの認識を示した。一連の問題で加計氏が会見するのは初めて。

 岡山理科大獣医学部は、学園が政府の国家戦略特区を活用して計画し、昨年11月、認可された。加計氏は獣医学部について首相と話した時期に関して「それこそ決まってからだったのではないか。(内容も)覚えていない」と説明。首相との関係については「何十年来の友人で、仕事のことを話すのはやめようというスタンス」と答えた。

 愛媛県は今年5月21日、獣医学部新設に関し、学園からの報告として首相と理事長の面会があり、加計氏の説明に首相が「いいね」と評価したと記載された新文書を国会に提出。学園は同26日、面会について「実際にはなかった。県などに誤った情報を与えてしまった」とするコメントを発表し、その後、県などに謝罪していた。

 会見冒頭、加計氏は「文書を巡り、学園職員が起こした不適切な言動について多大な迷惑、心配を掛け、深くおわび申し上げる」とする文書を読み上げ、愛媛県や今治市に陳謝。愛媛県などへの直接の謝罪は「許されれば行く。(時期は)分からない」とした。

 加計氏は会見に先立つ緊急理事会で決まった一連の問題に対する処分内容も発表し、県などに誤った情報を伝えたとして、渡辺良人学園事務局長を6カ月間の月給10%カットとした。加計氏は監督責任で1年間、月給の10%を自主返納することを明らかにするとともに、理事長職を続投する考えを示した。

 一方、19日の加計氏の会見について、愛媛県の中村時広知事は訪問先の同県鬼北町で記者団の取材に応じ「もっと早くやれたのではないか」と対応を批判。今治市の菅良二市長は会見を評価するとともに、加計氏が首相との面会を否定したことには「信じる。それに尽きる」と述べた。
カテゴリ:

【地域社会】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.