文字

東証反落、米利上げ重荷 通商摩擦激化に警戒

 14日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅に反落した。米利上げペースの加速方針が重荷となったほか、米国と中国などとの通商摩擦の激化が警戒され、売り注文が先行した。

 終値は前日比227円77銭安の2万2738円61銭。東証株価指数(TOPIX)は16・48ポイント安の1783・89。出来高は約14億9700万株。

 トランプ米政権が知的財産権侵害を理由とした対中制裁関税の発動に近く踏み切る可能性があると伝わった。米国は欧州や日本にも通商政策の分野で圧力をかけており、貿易停滞への懸念から自動車や機械の輸出関連銘柄に売りが出た。
カテゴリ:

【経済】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.