文字

自民、参院6増法案を提出へ 今国会で成立の公算

 国会内で開かれた参院選の制度改革を巡る参院各会派の代表者懇談会。中央は伊達参院議長=14日午前

 参院各会派は14日午前、参院選の「1票の格差」是正に向けた制度改革を巡る代表者懇談会を国会内で開いた。「鳥取・島根」「徳島・高知」の合区選挙区を維持しながら定数を6増する自民党の公選法改正案について議論したが合意に至らず、伊達忠一参院議長が協議打ち切りを宣言した。これを受け、自民党は改正案を同日中にも参院に提出する方針。今国会で成立する公算が大きい。

 自民党がまとめた改正案は、議員1人当たりの有権者数が最多の埼玉選挙区の定数を2増し、比例代表の定数を4増。比例代表名簿の一部で事前に定めた順位に従って当選者を決める「拘束名簿式」の特定枠を導入する内容だ。
カテゴリ:

【政治】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.