文字

PTA広報担当者ら紙面作り学ぶ 岡山で県連合会が研修会

山陽新聞の記者から紙面レイアウトのアドバイスを受ける参加者

 岡山県PTA連合会の「広報紙づくり研修会」が13日、岡山市北区下石井のピュアリティまきびで開かれた。小中学校PTAの広報担当者らが、山陽新聞社の記者から、楽しく読みやすい紙面を作るこつを学んだ。

 備前市や里庄町などから約120人が参加。同社の竹内健読者局次長が、見出しの大切さや記事の書き方、写真の撮り方、紙面レイアウトの基本などを説明し「自由な発想で楽しみながら取り組もう」とアドバイスした。

 参加者は、配られた新聞から記事や写真を切り抜き、A3判用紙に貼りつけてレイアウトの手法を学ぶ実習に挑戦した。里庄東小PTAの女性(43)は「読み手を意識した紙面の作り方など勉強になった。次の広報紙に生かしたい」と話した。

 研修会は8月8日、津山市で開かれる。
カテゴリ:

【NIE】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.