文字

竹喬の落款と印章さぐる特別陳列 笠岡の美術館で15日開幕

 笠岡市六番町の竹喬美術館で15日、特別陳列「竹喬 落款(サイン)と印章をさぐる」が開幕する。7月22日まで。

 同市出身の日本画家・小野竹喬(1889~1979年)がかつて使用していた雅号「竹橋」の落款が記された作品や、「竹」の字が「升」の字のような形で書かれたものなど56点を展示。印章の実物64点もあり、竹喬が生涯で130種類以上使ったサインの変遷をたどることができる。

 一般500円。高校生以下、65歳以上は無料。月曜(祝日の場合は翌日)休館。問い合わせは同美術館(0865―63―3967)。
カテゴリ:

【地域の話題】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.