文字

津山女児殺害 服役中の男逮捕へ 容疑で岡山県警、関与認める

家族で行ったイチゴ狩りで笑顔を見せる筒塩侑子さん=2004年5月

 津山市総社で2004年9月、市立北小3年筒塩侑子(ゆきこ)さん=当時(9)=が殺害された事件で、兵庫県内で別の殺人未遂事件を起こして服役中の勝田州彦(くにひこ)容疑者(39)が関与を認める供述をしていることが29日、捜査関係者への取材で分かった。岡山県警は殺人容疑で勝田容疑者の逮捕状を既に取っており、30日にも逮捕する方針。

 白昼に幼い女子児童が犠牲になり、地域に衝撃を与えた事件は発生から約14年を経て急展開した。県警は侑子さんとの接点や動機について事情を詳しく聴き、全容解明を目指す。

 捜査関係者によると、勝田容疑者は15年5月、兵庫県姫路市の路上で帰宅途中だった中学3年の女子生徒=当時(14)=の胸や腹をナイフで刺したとして殺人未遂容疑で逮捕され、16年に大阪高裁で懲役10年の判決を受けた。侑子さん殺害事件と手口などが類似した事件を捜査中の岡山県警が同容疑者から任意で事情を聴くと、関与を認めたという。侑子さんと面識はなかったとみられる。

 侑子さんの事件は04年9月3日午後3時35分ごろ、自宅1階洋間で制服姿のまま胸など数カ所を刺されて倒れているのを家族が見つけ、その後、死亡が確認された。室内が物色されたり侑子さんが抵抗したりした形跡がなく、学校からの帰宅直後に刃物でいきなり刺されたとみられる。

 県警は同日、津山署に捜査本部を設置。司法解剖の結果、死因は窒息および失血の疑いと判明したが、有力な目撃情報がない上、凶器や容疑者につながる指紋が見つからず、捜査は難航していた。

 県警によると、これまでに捜査員延べ約6万人を投入。聞き込みのほか、不審者情報の洗い出しや類似事件との関連を調べていた。

■親族コメント

 筒塩侑子さん殺害事件で、岡山県警が勝田州彦容疑者の逮捕状を取ったことを受け、父の勝義さん(59)ら親族一同が29日、県警を通じてコメントを発表した。

 全文は次の通り。

 平成16年9月3日に私たちの愛娘侑子を殺害した犯人が、この度判明したとの報道を聞き、ただただ驚いております。

 事件以降、私たち家族は、言葉にできないほどの深い悲しみの中におりました。

 正確なことが分からない中では、今の私たちには捜査の行方を見守ることしかできません。

 どうか、私たち家族の心情を察していただき、私たち家族を始め、親戚、ご近所の方々へのインタビューや撮影を自粛していただきますようお願い申し上げます。

関連記事

カテゴリ:

【04年津山女児殺害】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.