文字

土俵「女人禁制」で署名提出へ 相撲協会の公益性を否定

 大相撲の土俵に女性が上がれない「女人禁制」問題を受け、女性差別を理由に日本相撲協会の公益財団法人認定の取り消しを求め、一般市民の1万6692人分もの署名が内閣府の公益認定等委員会に提出されることが17日、明らかになった。

 東京都世田谷区の主婦(59)がインターネット上で4月10日から署名を募った。5月23日に内閣府へ提出する予定。公益財団法人は税制面で優遇措置を受けていることから、文書で「税金が女性を差別する団体のために使われていることを意味します」と指摘した。
カテゴリ:

【相撲】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.