文字

岡山市役所で華麗「春のばら展」 愛好者丹精の119点並ぶ

色とりどりのバラが並ぶ会場

 「春の岡山ばら展」(岡山市、岡山ばら会主催)が17日、市役所1階市民ホールで始まった。愛好者が丹精して育てた華麗なバラと上品な香りが来場者を魅了している。18日まで。

 同会の会員30人が、花のアレンジや加工の方法などが異なる3部門に計119点を出品。白色で花の中心が薄ピンクに色づいた「白秋」、クリーム色のとがった花弁が特徴の「けわい」など、色とりどりの約40品種が並んでいる。

 薬品を使って花の色を変えたプリザーブドフラワーのほか、バラ以外の花や造花と組み合わせてアレンジした作品も展示している。

 女性(73)=北区=は「たくさんの作品があって見応えがある。どれも色や形がとてもきれいで感動した」と話した。

 この日は出品作の審査もあった。
カテゴリ:

【地域の話題】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.