文字

トランプ氏を「起訴できず」 ロシア疑惑、特別検察官側が見解

 左からトランプ米大統領(ゲッティ=共同)、モラー米特別検察官(AP=共同)

 【ワシントン共同】米CNNテレビは16日、トランプ政権のロシア疑惑を捜査しているモラー特別検察官側が、トランプ大統領を起訴できないとの結論に達したと報じた。捜査で集めた証拠に基づく判断ではなく、司法省が現職大統領の訴追は適切ではないとの立場を取っているのが理由。トランプ氏の違法行為がなかったと断定したわけではないという。

 トランプ氏の弁護士を務めるジュリアーニ元ニューヨーク市長の話としている。現職大統領を訴追するには議会の弾劾手続きが必要。モラー氏が弾劾手続き開始を議会に勧告することは可能だ。
カテゴリ:

【国際】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.