文字

高梁RCがカンボジアで口腔ケア 歯科診療所に器具寄贈し支援

高梁RCが診療台などを寄贈した歯科診療所

 カンボジアで教育支援など慈善活動を行っている高梁ロータリークラブ(RC)が、新たな事業として歯科診療所開設をサポートするなど現地での口腔(こうくう)ケアに力を入れている。

 診療所は同国タケオ州にある公立医療機関・プライカバス郡病院の一室約30平方メートルを改装し、今年から治療を行っている。高梁RCは会員の浄財など約160万円で、診療台や歯科用レントゲン、治療器具などを寄贈。1月下旬には同RC会員や趣旨に賛同した倉敷RCの歯科医師らが現地を訪れ、小学校で歯科検診や歯磨き指導を行い、歯ブラシを贈った。

 高梁RCは、元会長の故圓山興一氏が私費で同州に小学校を建てた1998年以降、教育資材の提供や貧しい子どもの支援、水ろ過装置の建設、小規模診療所の開設といった活動を展開している。

 歯科診療所の支援は、クラブ創立45周年記念事業として実施。梅田恭正同事業実行委員長は「今後も保健、医療、教育分野でカンボジアを継続的に支援していきたい」と話している。
カテゴリ:

【社会】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.