文字

「けものフレンズ」ばら祭出迎え 福山市内にサーバルなどのパネル

パネルとして設置される「サーバル」のキャラクター(C)けものフレンズプロジェクト

 19、20日に開かれる福山ばら祭で、人気アニメ「けものフレンズ」のキャラクターを描いたパネル11枚が祭会場一帯に設置される。福山市立動物園(芦田町福田)と制作元のKADOKAWA(東京)がタイアップ。同園でも一部見掛ける動物たちのキャラクターが、街のあちこちで来場者を迎える。

 アニメは架空の動物園を舞台に、動物から人間に姿を変えたキャラクターたちが大冒険を繰り広げる物語。メインキャラクターの一つは市立動物園で飼育されているネコ科のサーバル。同園にいるアミメキリンも登場している。こうした縁でこのイベントが企画された。

 インドゾウやネコ科のカラカルなどを加えた11種類のキャラクターをパネル化。ばら祭の2日間、JR福山駅前から花園町のばら公園に続く「ローズロード」などに設置し、写真を撮ったり、パネルがある場所を探したりして楽しんでもらう。

 “レア”なキャラクターもあるといい、市観光課は「パネルを見つけながらばら祭を満喫してもらうとともに、動物園へ足を運ぶきっかけにしてほしい」としている。

 市立動物園では8、9月にキャラクターのパネル展示やアニメにちなんだ動物の解説ツアーも予定している。
カテゴリ:

【地域の話題】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.