文字

iPS心筋を年度内に移植、阪大 治療用細胞の培養開始へ

 臨床研究の実施が認められたことを受け、記者会見に臨む大阪大の澤芳樹教授=16日午後、東京・霞が関

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った「心筋シート」を重症心不全患者に移植する臨床研究が大筋で承認されたことを受け、研究を実施する大阪大の澤芳樹教授(心臓血管外科)が16日、東京都内で会見し、本年度中に1例目の移植をし、3年以内に研究の対象となる3人全員への移植を終える考えを明らかにした。近く患者に投与する細胞の培養を始める。

 チームは心臓移植に代わる治療の実現を目指してiPS心筋シートを開発した。澤教授は「ようやくスタート地点に立った。多くの心不全患者が待っており、有効な治療法にしたい」と意気込みを語った。
カテゴリ:

【医療・健康】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.