文字

おかやまマラソン応募ハイペース 2.8万人超、実行委が総会で報告

出場者の申し込み状況が報告された実行委総会

 「おかやまマラソン2018」(11月11日、岡山市)の実行委員会の総会が15日、同市内で開かれ、出場者の申し込み状況などが報告された。4回目となる今大会には14日現在、2万8947人の応募があり、過去最多となった前回を上回るペースで推移している。

 定員はフルマラソンの県民優先枠2千人と一般枠1万3千人、5・6キロのファンラン1300人の計1万6300人。このうち県民優先枠は既に募集を締め切り、15日に抽選結果を通知した。残る一般枠はこれまでフルマラソンが2万3563人(前回同時期2万1428人)、ファンランは3384人(同3160人)の応募があり、21日まで専用サイトなどで募集を続ける。

 約50人が出席した総会では実行委の越宗孝昌会長(山陽新聞社会長)が「県民の大会への関心、参加意欲は年々高まっている。しっかりと準備を進めたい」とあいさつ。制限時間ぎりぎりのペースで出場者と同走する「完走応援隊」、ランナーや観衆にマナー向上を呼び掛けるボランティアを新たに導入することも報告された。

 出場申し込みの問い合わせは大会コールセンター(0570―783―178)。
カテゴリ:

【スポーツ】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.