文字

岡山県郷土文化財団が会員作品展 20日まで県天神山文化プラザ

県郷土文化財団会員の力作が並ぶ会場

 岡山県郷土文化財団(波田善夫理事長)の第37回会員作品展が15日、岡山市北区天神町の県天神山文化プラザで始まった。20日まで。入場無料。

 会員有志の活動発表の場として毎年開催。日本画愛好者グループ「嘉墨会」主宰の国塩多嘉子さん、岡山写真家集団参与の近田陽子さんら121人の絵画や写真が並ぶ。

 初出展となる岡山市在住の洋画家井上勇さんの「赤富士」は、大胆な筆致で絶景を鮮やかに描き出した。

 友人の水墨画を見に訪れた男性(77)=同市北区=は「写真も絵も対象を捉える視点がすごいなと感心します」と話していた。
カテゴリ:

【くらし・文化】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.