文字

岡山リベッツ 卓球Tリーグに参戦 世界選手権銀・森薗ら3選手加入

Tリーグに参戦する「岡山リベッツ」への加入が発表され、会見でポーズをとる(左から)吉村和弘、森薗政崇、吉田雅己=岡山市内

 10月に開幕する卓球の新リーグ「Tリーグ」の男子に参戦する岡山のチーム運営会社が8日、岡山市内で会見し、昨年の世界選手権ダブルス銀メダリストの森薗政崇(23)=東京都出身=ら国内トップ級の3選手が加入すると発表した。チーム名は「岡山リベッツ」に決まった。

 他の2選手は2015年世界選手権代表の吉田雅己(23)=札幌市出身、昨年の全日本選手権シングルス2位の吉村和弘(21)=茨城県出身。監督は、倉敷市のサンフラワー卓球クラブコーチの白神宏佑氏(35)=関西高出=が務める。会見に臨んだ森薗は「リーグ優勝を目指していく。自分の卓球人生を懸けてチームのために戦う」と意気込みを語った。

 選手は味の素ナショナルトレーニングセンター(東京)などを練習拠点とする。リーグの規定で所属選手は6人以上とされており、開幕までにあと3人は獲得する方針。

 チーム名と同名の運営会社はジーンズメーカーのボブソンホールディングス(岡山市)などが出資し、資本金8千万円で4月25日に同市に設立。名前は岡山特産のジーンズに使われる「リベット(鋲(びょう))」が由来で、ブルーを基調としたエンブレムも発表された。今季のホーム戦は岡山武道館(同市北区いずみ町)をメイン会場とする。

 会見には運営会社の羽場誠社長(41)、リーグを運営する一般社団法人Tリーグの松下浩二専務理事(50)らが出席。羽場社長は「地元のジュニア育成にも力を入れ、10年後に岡山から五輪メダリストを輩出するのが最大の使命」と語った。

 国内外のトップ選手を集めるTリーグの初年度は、1部に当たる「Tプレミアリーグ」が始まる。岡山など男女各4チームが来年2月まで7回総当たりの21試合を行い、3月に上位2チームによるファイナルがある。
カテゴリ:

【各種スポーツ】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.