文字

両備バス労組のストに知事が疑問 会見で「良いやり方なのか」

 岡山県の伊原木隆太知事は27日の定例会見で、両備バス労働組合による西大寺線のストライキについて、「学校の休校などで困る人もいる。本来、味方にすべき人たちの生活を混乱させることが本当に良いやり方なのか」と述べ、疑問を呈した。

 知事は、23日の運休ストやその後に集改札ストに切り替えた経緯などについて「どういう理由でストをやり、その後に中止や縮小をすることになったのか、ロジック(論理)がよく分からない」とも指摘した。一方、県としての対応策については「現在も地域をまたぐ路線には補助をしている。(地方公共交通の在り方などを検討する)市町村ごとの協議会を補完するようなことをやる」と述べるにとどめた。
カテゴリ:

【バス路線問題】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.