文字

森友小の設置申請文書を公開 教育勅語を重視、大阪府

 大阪府が公開した行政文書の一部=17日

 大阪府教育庁は17日、学校法人「森友学園」(大阪市淀川区)が開校を目指した小学校の設置認可申請の行政文書(502ページ)を、府情報公開条例に基づき初めて公開した。教育勅語を重視するカリキュラム内容や、寄付金集めに奔走する学園側の議事録が明らかになった一方、収支計画の一部や寄付者一覧は非公開とされすべて黒塗りだった。

 府が公開したのは小学校の設置計画書や設置認可申請書などの写し。原本は大阪地検特捜部が押収。学園前理事長の籠池泰典被告(65)と妻諄子被告(61)が昨年7月、詐欺容疑などで逮捕されたことを受け、捜査に支障が出るとして書類を公開していなかった。
カテゴリ:

【社会】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.