文字

浅口市ダブル選で当選証書を付与 栗山市長「政策実現に努める」

岩瀬委員長(右)から当選証書を受け取る栗山氏

 浅口市選管は17日、市長・市議選(15日投開票)の当選者への当選証書付与式を市役所で開いた。

 市長選で3選を果たした栗山康彦氏(63)と、今回定数2減となった市議選を勝ち抜いた16人(代理含む)が出席。市選管の岩瀬悦子委員長が「市政の発展に向け、市民の代表として存分に活躍していただくことを期待したい」とあいさつし、一人ずつ当選証書を手渡した。

 当選者は「おめでとう」と声を掛け合ったり、握手を交わしたりするなどして、互いに健闘をたたえた。栗山氏は「あらためて身が引き締まる思い。初心に帰って、掲げた政策の実現に努めたい」と話した。

 市長、市議の任期はともに23日から4年間。
カテゴリ:

【選挙】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.