文字

カット野菜工場の新棟が完成 倉敷青果荷受組合、加工能力向上

 食材加工・卸の倉敷青果荷受組合(倉敷市西中新田)が本社敷地内に整備していたカット野菜工場の新棟が完成した。4月下旬に稼働予定で、既存の2棟を含めた加工能力は現在の3割アップの年約8千トンとなる。
この記事は会員限定です。
電子版にご利用登録後、ログインして全文をご覧頂けます。
カテゴリ:

【地方経済】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.