文字

岡山市新設の5こども園で開園式 0~5歳児計844人が利用

錦認定こども園で開かれた開園式

 岡山市が2018年度に新設した認定こども園5園の開園式が13日、各園で行われた。いずれも認可の保育園と幼稚園の機能を併せ持つ幼保連携型で、市内の市立認定こども園は計11園となった。

 開園したのは甲浦(南区飽浦)、錦(同藤田)、興除(同中畦)、南方岡山中央(北区南方)、千種(東区瀬戸町万富)の各認定こども園で、0~5歳児の計844人が利用。近隣の保育園と幼稚園との統合や、保育園からの移行といった手法で設置した。施設は甲浦が新設、ほかは既存の園舎を使う。

 このうち、県南の公共施設では初めて新建材のCLT(直交集成板)を使って園舎を増築し、保育園から移行した錦認定こども園の開園式には、5歳児の51人や保護者らが出席。那須正己副市長が「(こども園は)友達関係や経験の広がりなどの効果がある。子どもたちの笑顔があふれ、地域に愛されるよう力を注ぎたい」とあいさつ。田口恵美子園長は「今日は園のお誕生日。皆さんと一つずつ大きくなっていきましょう」と呼び掛けた。

 市は、19年度末までに市立認定こども園を30園整備する計画。
My記事保存
カテゴリ:

【教育】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.