文字

マイメロディ キキ&ララに会える 13日から新見美術館で特別展

マイメロディのカラー原画(1980年代)

キキ&ララの商品用原画(1982年)

 幅広い世代に人気が高いキャラクターの原画や廃盤グッズを紹介する特別展「マイメロディ キキ&ララ展」(新見市、テレビせとうちなど主催、山陽新聞社後援)が13日、新見美術館(同市西方)で開幕する。

 マイメロディは赤ずきん。弟のキキは背中の大きな星、姉のララは星のステッキがトレードマーク。いずれも1975年にサンリオ=東京=が生み出し、世界的な人気の「ハローキティ」と並んで多くのファンから愛されている。

 初代から現在までの担当デザイナーが描いたカラフルなデザイン画や鉛筆によるラフスケッチといった約240点の原画が一堂に並び、絵の移り変わりが楽しめる。人形など懐かしの廃盤グッズも約100点がそろい、記念撮影ができる高さ1~2・3メートルの両キャラクターの大型フィギュアもお目見えする。

 初日は午前10時から、同社キャラクターなどの最新情報を紹介する「いちご新聞」の元編集長・高桑秀樹さんがギャラリートーク。5月4日には着ぐるみのマイメロディとの撮影会もある。新見美術館の藤井茂樹学芸員は「見た人の心が優しくなるような展覧会なので、家族で見に来て」と呼び掛けている。

 7月1日まで(4月30日を除く月曜休館)。観覧料は一般700円、大学生500円、中高生300円、小学生200円。問い合わせは同美術館(0867―72―7851)。

カテゴリ:

【おでかけ】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.