文字

ドローンで桜満開の津山城跡空撮 淡い桃色が陽光に輝き圧巻

ドローンで撮影した津山城跡。備中櫓と桜、石垣が織りなす景観に魅せられる

 満開を迎えた約千本の桜は上空からも圧巻―。山陽新聞社は2日早朝、西日本有数の桜の名所・津山城跡(津山市山下、鶴山公園)を小型無人機ドローンで撮影した。淡い桃色が陽光に輝き、周辺の市街地と佳景を織りなした。

 ソメイヨシノを中心にウコンザクラ、ヒガンザクラなど約10種が咲き競う約8・5ヘクタールの公園上空でドローンを飛行させた。花の帯が連なる南面から見ると、2005年に復元された備中櫓(やぐら)はまるでピンクの雲海に包まれたかのように映った。

 森忠政が初代藩主として築城を始め、1616(元和2)年に完成した津山城。明治の廃城令で建造物は撤去され、天守も今はない。しかし、春らんまんのムードに包まれた一角から、往時の雄姿が浮かび上がってくるようだ。
カテゴリ:

【地域の話題】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.