文字

高松空港が国内2番目の民営化 四国と瀬戸内でナンバーワンに 

テープカットで民営化を祝う記念式典の出席者=高松空港

 高松空港(高松市)が1日、民営化された。国管理空港の民営化は仙台に続き2例目。運営を引き継いだ三菱地所など出資の高松空港株式会社は滑走路と旅客ターミナルビルを一体運営し、民間の手法を生かして利用者増加を狙う。

 この日、高松空港で関係者約50人が出席して記念式典があり、同社の渡部哲也社長が「安心安全の運営を肝に銘じ、四国と瀬戸内でナンバーワンの空港を目指す」とあいさつした。その後、浜田恵造香川県知事らを交えてテープカットし、“離陸”を祝った。

 式典終了後、来賓の石井啓一国土交通相は取材に「広島でも手続きが進んでいる空港民営化は地域活性化の有力な手法で、高松がモデルケースになることを期待している」と話した。

 同社は、2016年度は185万人だった高松空港の利用者を22年度に260万人、32年度には307万人に伸ばす目標を掲げる。航空会社が支払う空港利用料の割引を今後進めて、格安航空会社(LCC)などによる新千歳や福岡、アジア各地との路線開設を目指す。旅客ターミナルビルの商業スペース充実も図り、現在の17・5倍に当たる3150平方メートルに拡張する方針。

 18年度は約8億3千万円をかけて免税店拡張などを行う。22年度までの投資額は、旅客ターミナルビル増築や滑走路修繕などを含め約74億円を見積もる。
カテゴリ:

【地方経済】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.