文字

高梁にアニメ製作スタジオ開所 備中まちづくり研 国内外に発信へ

オープンしたスタジオでアニメを製作するスタッフ

 高梁市を拠点にアニメ製作を行う株式会社「備中高梁まちづくり研究所」(同市栄町)の本社アニメスタジオが29日、オープンした。同社は地域活性化を目指し、地元の経営者や吉備ケーブルテレビ、吉備国際大を運営する順正学園(岡山市)、テレビせとうち(TSC、同)が昨夏に設立。子ども向けのオリジナル作品を国内外に発信する。

 備中高梁まちづくり研究所は、中心部の栄町商店街ビル内の空き店舗1~3階に入居。スタジオ(約80平方メートル)は2階に開設した。作画机4台、コンピューターグラフィックス作製用の液晶タブレット2台を備え、企画から絵コンテ作成、作画、編集まで行う。見学も受け入れ、観光資源としても活用する方針。

 製作スタッフは7人。SFアニメ「天地無用!」シリーズなどを手掛けた井上博明・同大アニメーション文化学部教授がプロデューサーを務める。第1弾作品は、高梁市教委の委託を受け1月から製作に着手。備中松山藩の藩政改革を成した山田方谷が題材で、4月にも完成する。

 この日の式典で、同社社長の藤岡孝高梁商工会議所会頭が「クリエーティブな人材を集め、高梁発のアニメを世界に発信していく」とあいさつ。加計美也子同学園理事長、川端英男TSC会長らとテープカットした。
My記事保存
カテゴリ:

【地域の話題】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.