文字

「ひるね姫」舞台の倉敷 聖地認定 アニメツーリズム協が初選定

倉敷市に贈られた認定プレート

認定プレートと御朱印を手にする鈴木専務理事(左)と伊東市長

 アニメ映画「ひるね姫~知らないワタシの物語~」の舞台になった倉敷市が「訪れてみたい日本のアニメ聖地88(2018年版)」に選ばれたのを受け、一般社団法人アニメツーリズム協会は26日、同市に認定プレートを贈った。

 「アニメ聖地88」は、訪日観光客の誘致につなげようと出版社や旅行会社などでつくる同協会が初めて選定。国内外のアニメファンの投票などを参考に、作品のモデルや漫画家の記念館を有する自治体の中から選び、県内では唯一同市が認定された。

 この日、同協会の鈴木則道専務理事らが市役所を訪れ、伊東香織市長にプレート(A3判)と御朱印(記念スタンプ)を手渡した。鈴木専務理事は「新たな観光資源として、倉敷を巡る旅の楽しみの一つになるよう期待している」、伊東市長は「認定を活用し、倉敷の魅力をより広く発信していきたい」と話した。

 市は4月までに、作品の舞台になった同市下津井地区の観光施設・むかし下津井回船問屋(同市下津井)へ認定プレートと御朱印を設置する予定。
My記事保存
カテゴリ:

【地域の話題】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.