文字

児島に「倉敷市立市民病院」完成 4月2日から外来診療開始

4月1日に開院する倉敷市立市民病院

 倉敷市が市立児島市民病院(同市児島駅前)の隣接地に建て替えていた新病院が完成し、21日に現地で開院式典が開かれ、関係者が地域医療の拠点に育てることを誓った。4月1日に倉敷市立市民病院の新名称で開院する。

 新病院は鉄筋6階延べ約1万4千平方メートル。1、2階は外来、救急、手術、検査部門、3~6階は病棟。新設の歯科口腔(こうくう)外科を含む22診療科を備え、病床数は現行と同じ198。HCU(高度治療室)を新たに設け、緩和ケア病棟も整備する予定。スタッフは20人増の約250人体制とした。

 外来診療は移転のため28日から4月1日まで休診。同2日から始める。

 式典には行政や医療関係者ら約210人が出席。院長の江田良輔・市病院事業管理者が「市民に信頼される病院となるよう、今後も温かく力強い支援を願う」とあいさつし、伊東香織市長らとテープカットした。市民向けの内覧会もあり、約千人が訪れた。

 児島市民病院は、旧児島市が1950年に開設。73年に現在地に移転した。新病院は2016年3月に着工。総事業費は約75億6700万円。現病院は19年度までに解体し、駐車場として利用する計画。
カテゴリ:

【医療・福祉】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.