文字

RSK「ワイドFM」21日開始 難聴エリアでも音声クリアに

 山陽放送(RSK、岡山市北区丸の内)は21日から、岡山県南エリアでAMの番組をFMで同時放送する「ワイドFM」(FM補完放送)を開始する。ビルやマンションの難聴対策などが狙いで、同日夜には開局記念番組を放送。「心地よい高音質の放送を楽しんで」と呼び掛けている。

 ワイドFMは、AMよりも音声がクリアで高いビルが混み合う都市部でも電波が届きやすいといった特徴があり、難聴対策や海外電波の混信回避、災害対策などのため全国的に導入が進んでいる。

 RSKの周波数は91・4メガヘルツで、岡山、倉敷、玉野、総社、備前、瀬戸内、赤磐、浅口市と早島、里庄、矢掛町の8市3町(一部地域を除く)の約44万世帯をカバーする。90メガヘルツ以上の周波数に対応したラジオで聴くことができる。

 初日の21日午後7時~9時に、タレント篠原ともえさんらを招き、岡山と星、宇宙との関わりを語る「夢宙(むちゅう)ステーション ほしぞら会議」を生放送する。
カテゴリ:

【地域社会】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.