文字

美作市長に萩原誠司氏が再選 実績を強調、大沢氏との接戦制す

再選を決め、支援者と万歳する萩原氏(中央)

 任期満了に伴う美作市長選は18日、投票が行われ、即日開票の結果、無所属現職の萩原誠司氏(61)が、無所属新人で市の第三セクター・特産館みまさか元社長の大沢伸三氏(68)との接戦を制して再選を果たした。

 当選の知らせを受けた萩原氏は「皆さんの支援で大変厳しい戦いを勝ち抜けた。次の4年で美作を県北で最も住みやすいまちにしていく」と抱負を語った。

 美作市は岡山県北東部の中山間地域にあり、人口は2万8193人(2月末)。旧6町村の合併で市が誕生した2005年3月に比べて約5800人減り、人口減少対策が急務となっている。選挙戦では移住・定住の促進、子育てや教育環境の充実、雇用創出などが争点となった。

 萩原氏は財政改善や若者定着に向けた専門学校の誘致といった1期目の実績をアピール。発達障害への対応強化に向けた特別支援学校の開設、高齢者ら交通弱者のためのタクシー利用補助地域の拡大なども訴え、主要政党が自主投票で臨む中、支持を広げた。

 大沢氏は現市政を批判しながら、市民生活に密着した政策展開を主張したが、及ばなかった。

 投票率は65・69%(男65・60%、女65・77%)で、前回(65・56%)を0・13ポイント上回った。

 当日有権者数は2万4178人(男1万1403人、女1万2775人)。

◇開票結果◇
=選管最終=

当8002 萩原 誠司 無現
 7713 大沢 伸三 無新
(無効167)
カテゴリ:

【選挙】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.