文字

藤沢が準決勝へ、女流の国際棋戦 日本初開催、8人でトーナメント

 囲碁のワールド碁女流最強戦2018が14日、東京都千代田区の日本棋院で開幕し、日本の藤沢里菜女流立葵杯(19)が準決勝に勝ち上がった。

 同棋院によると、日本で女流の国際棋戦が開催されるのは初めて。大会には日本、中国、韓国、台湾、欧州の五つの国・地域から8人が出場し、トーナメントで争う。

 対局は持ち時間各2時間で行われ、準決勝は15日、決勝は16日に打たれる。準決勝の組み合わせは、藤沢女流立葵杯―黒嘉嘉七段(台湾)、於之瑩六段(中国)―崔精九段(韓国)。
カテゴリ:

【文化・芸能】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.