文字
  • ホーム
  • 国内外
  • 主要
  • ALS闘病のホーキング博士死去 車いすの天才科学者、宇宙論発表

ALS闘病のホーキング博士死去 車いすの天才科学者、宇宙論発表

 2012年8月、ロンドン・パラリンピック開会式のステージに登場した英国の宇宙物理学者、スティーブン・ホーキング博士(ロイター=共同)

 【ロンドン共同】全身の筋肉が徐々に動かなくなる筋萎縮性側索硬化症(ALS)と闘いながら、ブラックホールなどに関する独創的な宇宙論を発表し続けた「車いすの天才科学者」、英国のスティーブン・ホーキング博士が死去した。76歳だった。英BBC放送が14日伝えた。

 英国の数学者ペンローズ博士との共同研究で、ブラックホールがエネルギーを失って消える「ブラックホール蒸発」理論を提唱した。自ら敬愛するアインシュタイン以後、最高の理論物理学者ともいわれる。

 1942年、英南部オックスフォード生まれ。オックスフォード大を62年に卒業後、ケンブリッジ大で宇宙論を専攻した。
カテゴリ:

【国際】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.