文字

自民、9条改憲で7案を提示 「最小限度の実力組織」の案を

 自民党憲法改正推進本部の細田博之本部長は14日の執行役員会で、戦力不保持を定めた9条2項を維持しながら「自衛隊保持」について明記する案を含め、9条改憲の条文案を計7案提示した。安倍晋三首相(党総裁)の意向を踏まえた具体案を明らかにしたのは初めて。細田氏は15日の全体会合に7案を改めて提示。このうち「必要最小限度の実力組織」として自衛隊を保持するとの案を軸に、意見集約と一任取り付けを目指す考えだ。

 細田氏は「条文的な細かい詰めの問題ではなく、改憲に向かう大きな考え方を国民や党員に問う」と述べ、25日の党大会では改憲の方向性を示すにとどめる意向を示した。
カテゴリ:

【政治】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.