文字

榎田と岡本がトレード 阪神、西武が発表

 阪神の榎田大樹投手、西武の岡本洋介投手

 阪神の榎田大樹投手(31)と西武の岡本洋介投手(32)のトレードが14日、両球団から発表された。先発陣を強化したい阪神と、手薄だった左の先発を求める西武の思惑が一致した。

 榎田は鹿児島県出身で、東京ガスからドラフト1位で阪神入りした2011年には62試合に登板した。ただ、昨季は3試合に投げただけで「現状はいまひとつ。活躍できるようにという気持ちはある」と決意を述べた。

 和歌山県出身の岡本はヤマハから10年にドラフト6位で西武入団。先発、中継ぎの両方をこなせ、昨季は自己最多の6勝をマーク。「引き続き自分の持てる力を発揮して頑張っていきたい」と意気込んだ。
カテゴリ:

【プロ野球】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.