文字

自公、佐川氏招致を容認 森友改ざん、喚問も検討

 疲れた様子で参院予算委に臨む安倍首相。右は麻生財務相=14日午前

 自民党の二階俊博、公明党の井上義久両幹事長は14日、学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書改ざんを巡り、国会の正常化を前提に佐川宣寿前国税庁長官の国会招致に応じる用意があるとの考えで一致した。証人喚問を含めて検討する。安倍昭恵首相夫人の招致は拒む方針だ。安倍晋三首相は参院予算委員会の集中審議で、文書改ざんについて自身の指示を否定。土地売却に自身や昭恵氏が「関わっていないのは明らかだ」と強調した。

 首相と麻生太郎副総理兼財務相は文書改ざんを改めて謝罪した。首相は「行政の長として責任を痛感している」と述べた。
カテゴリ:

【森友学園問題】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.