文字

自動車と電機、ベアは前年超え 好業績を背景、日産は満額

 集中回答日を迎え、ボードに各社の回答を書き込む金属労協の担当者=14日午前、東京都中央区

 2018年春闘は14日、主要企業の集中回答日を迎えた。焦点のベースアップ(ベア)は、労働組合の要求に満額回答した日産自動車をはじめ自動車大手や電機大手が、好業績を背景に前年を上回る水準で決着した。デフレ脱却に向け安倍政権から3%の賃上げを要請され、5年連続のベア実施に踏み切る。ただ世界経済の先行きに不透明感が出ているほか、企業の負担も重くなっており、5年目の「官製春闘」は曲がり角を迎えている。

 自動車や電機などの産業別労組でつくる金属労協の高倉明議長は記者会見し「前年を上回る賃上げがほとんどで、組合員の意欲の向上に寄与する」と評価した。
カテゴリ:

【経済】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.