文字

両船の当直責任者を書類送検へ 静岡沖の米イージス艦事故で海保

 コンテナ船との衝突で損傷した米海軍イージス駆逐艦フィッツジェラルドの右舷部分=2017年6月17日、静岡県下田市沖

 静岡県・伊豆半島沖で昨年6月、米海軍のイージス駆逐艦とコンテナ船が衝突し、イージス艦の乗組員7人が死亡、3人が負傷した事故で、下田海上保安部は衝突回避措置を怠ったとして、業務上過失致死傷と過失往来危険の疑いで両船の当直責任者2人を15日にも書類送検する方針を固めた。捜査関係者への取材で13日、分かった。

 日米地位協定は公務中の犯罪は米側が1次裁判権を持つと規定しており、静岡地検は同協定などに基づき、イージス艦の担当者を不起訴処分にする見通し。コンテナ船側も過失の程度は低く、不起訴処分になるとみられる。
カテゴリ:

【社会】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.