文字

政府、日朝首脳会談の可能性探る 拉致問題解決を見据え

 安倍首相と会談し、報道陣の取材に応じる韓国の徐薫国家情報院長=13日午前、首相官邸

 日本政府は13日、訪朝した韓国の徐薫・国家情報院長の報告を受け、新たな北朝鮮対応の検討に着手した。拉致問題の解決を見据え、日朝首脳会談の実現可能性を探る方向だ。複数の政府筋が明らかにした。安倍晋三首相は、米朝首脳会談に応じる意向を表明したトランプ米大統領と緊密に連携しながら、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との間合いを詰める考えとみられる。

 日朝首脳会談を視野に入れるのは「拉致を解決するためには、トップの金正恩氏との直接対話が不可欠」(官邸筋)と判断しているためだ。日朝両首脳が顔を合わせるのは、2004年が最後となる。(東京、ソウル共同)
カテゴリ:

【政治】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.