文字

名古屋ウィメンズで小原8位 谷本21位、優勝はアセファ

小原怜

 2020年東京五輪のマラソン代表選考会「グランドチャンピオンシップ(GC)」出場を懸けた名古屋ウィメンズマラソンは11日、ナゴヤドーム発着で行われ、リオデジャネイロ五輪1万メートル代表で初マラソンの関根花観(日本郵政グループ)が2時間23分7秒で日本勢最高の3位となった。メスケレム・アセファ(エチオピア)が2時間21分45秒で初優勝した。

 16年大会3位の小原怜(天満屋)は2時間27分44秒で8位に終わり、「日本人4~6位で2時間27分以内」のGC出場条件に届かなかった。マラソン初挑戦の谷本観月(同)は2時間35分58秒の21位だった。
カテゴリ:

【各種スポーツ】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.