文字

犬好きの人に限らず、いま広く世…

 犬好きの人に限らず、いま広く世間の注目を集めているのが秋田犬である。平昌五輪フィギュアスケート女子で金メダルに輝いたロシアのザギトワ選手が試合前に調整した日本で写真を見て気に入り、それを知った秋田犬保存会などが贈呈することになった▼秋田犬といえば、主人の死後、東京・渋谷駅で10年間もその帰りを待ったという「ハチ公」が有名だ。そんな忠義者がアルゼンチンにもいたという▼こちらは雑種の雄。2006年に飼い主が亡くなった後、いったん姿を消し、9カ月後に主人が眠る墓地にすみ着いているのが発見された▼どのように墓地にたどり着いたかは分からない。夕方になると墓のそばに座る生活を11年続け、先月、死んだという。絆の持つ不思議な力に胸を打たれる▼そんな物言わぬ伴侶に人はどう応えていくのか。飼育放棄され、悲しい運命をたどるペットは減少傾向とはいえ、なお多い。飼い主それぞれに事情があるのだろうが、心が痛む▼救済に向けて、広島県神石高原町のNPO法人が、町のふるさと納税を通して資金を確保し、殺処分ゼロを進めていることはよく知られている。自治体でも同様の仕組みづくりが進む。人との絆を残酷に断ち切らずに済む取り組みが広がるといい。海を渡る秋田犬とザギトワさんも末長く良きパートナーであってほしい。

【滴一滴】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.