文字

倉敷に「テレワーク」拠点開所 古民家改修、多様な働き方後押し

古民家を活用して改修された「住吉町の家 分福」の一部屋

 ITを活用して時間や場所にとらわれず働く「テレワーク」の拠点施設が1日、倉敷市美観地区に近い同市中央にオープンした。大正期の古民家を改修。首都圏の事業者などがサテライトオフィス(出先拠点)を構えるほか、同じオフィスをそれぞれの仕事場として使う「コワーキングスペース」などを設け、多様な働き方を後押しする。

 施設は所在地の旧町名などから「住吉町の家 分福(ぶんぶく)」と命名。総務省の「ふるさとテレワーク推進事業」に中国地方で初めて採択され、高梁川流域(7市3町)の活性化を支援する一般社団法人・高梁川プレゼンターレ(倉敷市)が、同市や倉敷芸術科学大などと連携して整備した。運営は同法人が担当する。

 木造2階延べ約238平方メートルに13部屋を設け、1階にはコワーキングスペースやモニター設備のあるプレゼンテーションルームを用意。2階には企業に貸し出す事務所や、会議や作業などで利用可能な畳の和室部屋などを備えている。これまでに東京のデザイン会社や文化団体などの入居が予定されている。

 スタッフ3人程度が駐在し、多様な働き方を学べるセミナーなども随時開催する予定。

 同法人の坂ノ上博史代表理事(40)は「施設が人と人の出会いの場となり、新たなプロジェクトや企画が誕生する場になってもらいたい」と話している。

 予約や料金は専用ウェブサイトから確認できる。問い合わせは同法人(090―1337―2133)。
カテゴリ:

【地方経済】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.