文字

商品にICタグ、会計瞬時 経産省、コンビニで実験

 コンビニに並んだICタグの付いた商品=14日、経産省内

 経済産業省は14日、価格などの商品情報を記憶したICタグをコンビニの商品に付けて会計や在庫管理を省力化する実証実験を東京都内で始めた。買い物籠に入った商品の価格を瞬間的に計算できるICタグ対応のセルフレジを配置。利用者はスムーズな買い物を楽しめ、店側のレジ店員が要らず、人手不足の解消につなげられる。

 実験店舗となった経産省内のファミリーマートで買い物を試した世耕弘成経産相は「好きなものを籠に入れてぱっと買える」と利点を強調。「便利なライフスタイルにつながることを期待している」と語った。

 ICタグは商品の価格のほか賞味期限、原材料など多くの情報入力が可能。
カテゴリ:

【経済】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.