文字

県に両備バス路線維持へ協力要望 15日に岡山や倉敷など4自治体

 両備グループがバス路線の廃止届を提出したことを受け、対象路線を抱える岡山、倉敷、玉野、瀬戸内市の市長らは15日、岡山県に対して路線維持への協力を要望する。

 地域公共交通網形成計画を県として策定することや、そのための協議会を早期に設置するよう求める予定で、黒田晋玉野市長、武久顕也瀬戸内市長、河田育康倉敷市副市長、岡山市の担当課長らが県庁を訪れて要望書を提出する。岡山市を除く各市は両備グループの小嶋光信会長とも面談し、廃止届の撤回を要請する。
カテゴリ:

【バス路線問題】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.