文字

赤磐大会 シーガルズを応援して 選手ら岡山駅で来場呼び掛け

今季最後のホームゲームをPRするちらしを手渡す岡山シーガルズの磯部光里(中央)=JR岡山駅

 バレーボールV・チャレンジリーグ1部女子の赤磐大会(17、18日・山陽ふれあい公園体育館)を前に、岡山シーガルズの選手らが14日、JR岡山駅東口で来場を呼び掛けた。

 レフト大升知春、ライト磯部光里の選手2人とスタッフ、マスコットキャラクターのウィンディーが参加。駅利用者らに「応援に来てください」などと声を掛け、大会日程を記したちらし約2千枚を配った。

 現在13勝1敗(勝ち点38)で2位のシーガルズは、4試合を残し2位以上が確定している。就実中2年の女子生徒(14)は「このまま勝ち進んで、岡山の名を全国に広めてほしい」と話した。

 17日は3位KUROBE(同27)、18日は4位JAぎふ(同16)と対戦。優勝争いはシーガルズと最終戦の25日に当たる首位PFU(同40)に絞られており、大升は「チームの持ち味の粘り強いバレーで勝利し、リーグ制覇に向けて勢いを付けたい」と話した。

 前売り券はチケットぴあ、山陽新聞社サービスセンターなどで販売中。問い合わせは赤磐大会実行委(086―297―3930)。

無料シャトルバス運行

 バレーボールV・チャレンジリーグ1部女子の赤磐大会に合わせ、大会実行委はJR瀬戸駅、臨時駐車場(150台程度)を設ける桜が丘運動場(赤磐市桜が丘西)の2カ所と会場の山陽ふれあい公園体育館を結ぶ無料シャトルバスを17、18の両日運行する。

 瀬戸駅からは往路が午前9時から午後4時10分まで10便、復路が午前9時20分から午後7時まで14便。臨時駐車場からは往路が午前9時から午後4時10分まで12便、復路が午前9時15分から午後7時まで18便。所要時間は、いずれも10~15分。

 観戦には入場券が必要で、上履きを持参する。実行委は「駐車スペースが限られているため、ぜひ公共交通機関を利用してほしい」としている。
カテゴリ:

【シーガルズ】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.