文字

岡山白桃のキャンディー発売 果実工房、包装案は玉島商高生

岡山県産白桃のパウダーを使用したキャンディー

販売方法などについて話し合う玉島商業高の生徒ら

 菓子製造販売の果実工房(倉敷市玉島中央町)は15日、包装デザインなどに地元高校生のアイデアを取り入れた白桃味のキャンディーを発売する。独自開発した岡山県産白桃のパウダーを使っており、上品な甘さが特長。岡山、倉敷市の直営店やJR岡山駅などで販売する。

 フリーズドライ(FD、真空凍結乾燥)加工のブランケネーゼ(大阪)の協力で作った白桃の含有率が高いパウダーを使用。香料や人工甘味料を使わず、香り高く仕上げた。商品名は「ナチュラルキャンディ岡山県産岡山白桃」。8個入り税抜き400円。

 商品開発には、玉島商業高(倉敷市玉島中央町)の3年生5人が「課題研究」の一環で参画した。生徒は観光客を主要ターゲットとする戦略を提案し、包装に大きな桃をデザイン。土産物店を運営するジェイアールサービスネット岡山(岡山市北区駅前町)との商談も担当した。

 発売日には、生徒がJR岡山駅と倉敷駅でサンプル配布と販売に挑戦する。女子生徒(18)は「岡山の果物のおいしさをアピールしたい」と意気込んでいる。

 平野幸司社長は「白桃パウダーを使った製品の第1弾。高校生の力を借りながら、新しい岡山土産に育てたい」と話している。
カテゴリ:

【地方経済】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.